【実録体験談】アラサー女性がゼクシィ縁結びエージェントで婚活してみた!

ブックマークしておくとお役に立ちます!(本記事の内容はもう少し下です。)

このサイトは婚活経験者のあかりがどのサイトよりも詳しくゼクシィ縁結びエージェントのメリット・デメリット・口コミの真相・他結婚相談所の比較などについて情報を公開しています。必ず読者さんが幸せを掴むお役に立ちますので、ぜひブックマークしておいてくださいね!

成婚退会した読者さんのハッピーボイス!(本記事の内容はもう少し下です。)

あかりのサイトを見て幸せを掴んだ読者さんのハッピーボイスです。きっと励みになると思いますので、ぜひ読んでみてください。※画像をタップで読めます。

いい口コミ悪い口コミの真相をお話します!

ゼクシィ縁結びエージェントの口コミを見てたらいい口コミや悪い口コミがたくさん書かれてますよね?ですが、それが本当のことかどうかわからなくて余計に混乱してしまう方も多いのではないでしょうか。そこで、経験者の私がよくある口コミの真相についてお話してますので、不安がある方は是非見てみてください!※画像を押すとページの一覧に飛びます。

ここからが記事タイトルの内容です。

20代も過ぎてしまっていつのまにか30代に突入したあなた。
そう、「アラサー」と言って歳をやんわりオブラードに包んで表現するようになったあなたです!

そろそろ、どこかの結婚相談所に入会して婚活したいなぁと考えていませんか?

婚活に対して、いろんな悩みがあると思います。

その中でもゼクシィ縁結びエージェントが気になっている・入会先候補として挙がっている方。
もしくはゼクシィ縁結びエージェントって聞いたことはあるけど・・・と婚活に対してまだまだ初心者マークの方。

ほんとにいい男性に出会えるのか、本当の本当ににゼクシィ縁結びエージェントに入ったら結婚できるのか、気になってはいませんか?

 

私も同じように悩みながらゼクシィ縁結びエージェントに入会して戸惑いながらも一生懸命に婚活をしたアラサーです。

ゼクシィ縁結びエージェントに入会する前はほんとにいい男性に出会えるのかどうかとても不安でした。

だっていくら結婚相談所の中で最安値の相談所といえど、入会金は30,000円、月に13,000円かかるので決して安くはないじゃないですか。

しがない事務職のお給料は悲しいですがそんなに高くないのが実情です。

だからもし入って全然良い人に出会えなかったら、30代の大事なお金も時間も無駄にしてしまうことになりますよね。

だからこそ結婚相談所選びに失敗したくないという思いが強くてなかなか入会を決められませんでした。
でも実際入会してみてたくさんの男性とお会いして、良い人もたくさんいることに気づきました。

もちろん出会った人の中には失礼な人も混じっていましたが、みんな本気で結婚したいと思っている男性ばかりだというのは確かです。

今回はそんな私のゼクシィ縁結びエージェントでお見合いをした体験談をいくつかお話したいと思います。

これから入会を考えている私と同年代の30代女性の方の参考になれば嬉しいです。

 

お見合い体験談☆1人目

星の数ほどお見合いをした私ですが、やっぱり一番最初にお見合いした方はいまだによく覚えています。
なんていったって、正真正銘の初お見合い。

今の時代は高級ホテルでお着物着て~とかじゃないのはさすがに知ってるけどどんな感じなんだろう、緊張するなぁとドキドキしていました。

何よりも初めてのマッチングとがとても嬉しかったです。

慣れてくるとはい、次!と試合みたいになる時もあるんですけどね。
初心は忘れるべからずです。

流れとしては、スマホやパソコンを使ってゼクシィ縁結びエージェントのサイトで申し込みをした相手とマッチングしたら連絡を取り合ってお見合いの約束をします。

人によって違うと思いますが私は初めて会うよく知らない人なので念のために最初はランチやお茶の約束をしました。

その方がお財布の面でも優しいですしね。

もちろんご馳走してくれる方もいますが、人によって色々です。
(※一応ゼクシィ縁結びエージェントでは最初は割り勘の設定となっています。)

私の初めてのお見合いの時は喫茶店でお茶でした。

どんな服で行けばいいのか悩みましたが、無難に手持ちの中で一番イケていると自分では思っているワンピースで行くことにしました。

こういう時ゼクシィ縁結びエージェントのコーディネーターの方に質問・相談できるのは心強いです。
あと、私は「マッチングしましたよ!」とマッチングの時点で無駄にはしゃいで報告していたこともあります(笑)

コーディネーターさんはもちろん既に知っているんですけどね・・・。
ちょっとしたことでも聞いてほしい時ってありません?

特に婚活の話は誰にでもペラペラ出来る訳ではないので、親身になって聞いてくださる存在は貴重です。

お見合い当日、
会ってからの第一印象は「普通の人だなぁ」でした。
今振り返ると、相手も同じように思っていただろうなぁと思います(笑)

私より3歳年上でメーカー勤務の営業マン。
中肉中背、スーツもふつう。
これと言って嫌悪感や好印象を抱くわけでもなく。

仲の良い友達や会社の人と話すような話をしましたが、やっぱりそこは結婚相談所で
出会った方。

他に、将来の話や仕事は続けたいか、子供は何人考えているか、お料理は普段するかどうかなど
具体的な質問をされました。
小一時間ほど経って「ではそろそろ・・・」と相手が言ってくださったので退席しました。

 

帰り道、

 

こんなもんかぁ。

 

これがゼクシィ縁結びエージェント初お見合いの私の感想です。
初陣は、拍子抜け。

 

もともと少し人見知りで、誰とでもすぐに仲良くなれる!というわけでは全くないのでどうなることやらと最初は心配していました。

でも、会社の飲み会で普段接点のない営業さんと隣の席になってしまった時やあまり知らない取引先となぜか付き合いで飲みに行かなくてはならなくなった時の方が絶対に心身共に大変です。
もう本当に、絶対に。

 

これなら、なんとかやっていけるかなぁ。

 

ゼクシィ縁結びエージェントでやっていけるかどうかばかり気にしていた私でした。
が、翌日
先方からお断りの連絡が来て

「えぇっ!!!」

と思わず声を出して驚愕していたのも、今となってはいい思い出です。
もちろんその当時はそんなことは全く思えず、「私の何があかんかったんやあぁ!!」と悶々としておりました。

でも、こういうことこれから先何回もありますからね。
頑張れ、昔の私☆(笑)

 

お見合い体験談☆2人目

担当コーディネーターの方に初お見合い撃沈ショックについてぐすぐす電話をした数日後。
継続が力なりということで第2回目のお見合いに行くことになりました。

今回は、52歳の会社経営の男性です。
お相手からの申し込みにOKをしただけで正直、結婚相手としてはあまり考えていませんでした。

コーディネーターの方曰く、会ってみないとわからないことも多いし人生経験として行ってみてもいいですよということだったので、行くことにしました。

確かにこんな機会でもないと対等な立場で経営者の人とお話しすることもないだろうなぁと思ったのです。
しかも今回は向こうからのお申込みということもあり、おそらく気に入られているだろうし撃沈することはないだろうと考えたのです。

 

はい、これ打算です。

 

こういう風に考えてばかりいると、どんどん考えがぐるぐるまとまらなくなっていて婚活疲れを引き起こしてしまうのでやっぱり初心忘れるべからずです。

実際にゼクシィ縁結びエージェントでも、多分結婚はないなぁと思っていた人と会ってみたらするすると話が進んで2,3ヶ月でゴールインすることもあるそうでこればっかりは『縁』なんだなぁと感じます。

私にも早く縁、こーい!!と祈りながら難波スイスホテルでお茶をしました。

普段全く行かない高級な雰囲気にさすが経営者!と内心思いながらも生演奏のシャープの音色を聞きながらお話をしました。

お相手のスーツが明らかにオーダーメイドで洒落たチェック柄のものだったのですが、昔に繊維関係の仕事をしていていまだに洋服やスーツが好きでよく休日に買い物に行くと言っているのを聞いてなるほどと私は思っていました。

私も洋服関係の仕事をしているので話は弾みそのままお茶が終わった後に食事に行く事になりました。

連れて行かれたお店はおいしいと評判のお寿司屋さんでした。
(もちろん、回らないお寿司です!!)

 

が、しかし。
だんだんと酔っ払ってきたんですよね。男性が・・・。

こうなると会社の飲み会で上司の世話をしている雰囲気になってしまいまして。

幸いなことにお相手の方は終始ご機嫌な様子でした。

どうやら私のことを気に入って下さったようです。

カウンター席だったので体もだんだんと密着してきて腕や足が当たってきて。

 

これは、あかん。

めっちゃ嫌や。

ほんまにあかん。あかん、あかん。

 

もはやどうやって早く帰るかということに集中し始めた私はお見合いどころではなくなっていました。

結論。

やっぱりもうちょっと年の近い人を希望!

初めて会ったおじさまがとデートで酔っ払うという醜態も、こんな人が社長で会社大丈夫か?と余計な心配をしましたが、まぁそれはおいといて。

20歳近く離れている女性と食事となると浮かれて酔っ払いもするだろうと私は思います。

ただプロフィールにも書いていたのですがお相手の男性は子どもはどちらでもいいと考えているようでした。

それを食事の時にも確認したのですが「もうこの年だから相手が希望するなら考えるけど夫婦二人で海外旅行をしてゆったり過ごすのが理想だなぁ。」と酔っ払いながらも真剣に答えてくれました。

 

『介護』

 

リアルに一瞬よぎりました。

どちらでも良いとプロフィールに書いたのはきっとコーディネーターの方のアドバイスだと思います。

結婚相談所に入会する人は子供どもを希望する方がほとんどです。

だから子どもを考えていないとプロフィールに書くとマッチング率が明らかに下がるのです。

なのでどちらでもいいと書いてある人は実際に会って確認すると、実はどちらかというとね・・・という人が結構います。

もちろん本当にどちらでもいいという人もいるのでそこはやっぱり会って確認しないとわからないです。

相手が今現在52歳ならいくら健康でもどうしても介護が見えてくるしその後の自分は一人ぼっち。

私が理想としている将来とはミスマッチに感じました。

帰宅後。

お断りをする為にお見送りボタンをポチッとしました。

今回の収穫は、実際に年の離れた方とお見合いをしたことで年の差婚を真剣に考えるきっかけになったことです。

お見合いしなくてもわかるやろ!って方もいると思います。

でも会ってみないと中々私はリアルに感じられないんですよね。

会ってみたら、心を奪われたり、今回みたいに経済力の豊かさを目の当たりにしたり、それでもやっぱり経済力だけでは踏み切れへん!と思い直したり。

会ってみて良かったなぁとしみじみ感じていました。

ついでに、

お寿司めっちゃ美味しかったなぁ。

そんな感想も抱きながら就寝したのでした。

 

お見合い体験談☆3人目

何回もお見合いを繰り返しているうちにいつの間にか季節はめぐり早、半年。

ちょっと疲れてきたし、ペースを落とそうかなぁと考え始めていた頃でした。

アラサーなので今が一番若い!

休んでいる暇なんてなーい!というのはわかっています。

はわかってはいるんですが、正直、しんどい。

仕事しながら週末はお見合いして、良い人いないか検索して、申し込みきた人を吟味して、デートを重ねて、婚活パーティーにも行って、でも家事もしないといけないし、友達とも遊びたいし、美容院も行きたいし、ショッピングだってしたいし、日課のストレッチも辞めたくない。

でも何よりも、寝たいねーん!

睡眠大事です。

私にとって超重要。

眠い。時間が足りない。

そんな婚活疲れ気味な頃、先方からお申し込みがきました。

3歳年下のSE職の方。

まぁ、お見合いするか。

で、これが終わったらちょっと休憩にしようかな。

プロフィールをざっと見て、テンション低空飛行のまま承諾ボタンを押しました。

 

お見合い当日。

見事に遅刻しました。

やべぇ!!

いつもと違う江戸っ子言葉になりながら、本気で猛ダッシュしましたがアラサー猛ダッシュの遅いこと、遅いこと。

仕方ないのでサポートセンターに15分ほどの遅刻すると電話をしました。

もしこれでお見合いが出来なかったらペナルティ¥5,000の支払いです。

うちのあほ。

と思いながらサポートセンターの折り返しを待っていると相手の方は15分くらいなら待ちますよと返事をしてくれたそうです。

めっちゃ、いい人!

そう思いながらとにかくヒールで全速力。

夏ではなかったので汗かきの私はなんとか助かりました。

天王寺の都ホテルのエレベーターで貞子状態の髪の毛を整えて、いざ出陣!

相手の方にまず遅刻したことを謝って、それから最高の笑顔で「よろしくお願いします!」と挨拶。

失敗してしまったら、そこからどう挽回するかが勝負どころじゃ!と変な闘争心に火がついていました。

お見合いを重ねるとメンタルも強く成長すると思います。

ですがですが、なぜか相手の方は最初から私に好印象を持ってくれているようで「遅刻は全然気にしていないですよ、喉がかわいてるんじゃないですか?何か飲まれますか?」と優しさの塊でした。

帰り際も、「今日はあかりさんと話をして楽しかったです。遅刻のことは全然気にしていないです。ちゃんと謝ってくれたし、事前に電話もくださったので。よければ次も会いたいです。」と言ってくれました。

これは社交辞令じゃなくて本気で言ってくれているやつだと直感し、そこからデートを重ね、交際をスタートさせました。

彼ははっきり言ってとっても普通の人です。

確かにどこにでもいる人ですが、人として尊敬できるとても優しい人です。

そして今ではお互い将来を考えている仲です。

もちろんこの先どうなるかなんて誰にもわかりません。

でも、まさか私にも結婚したいと心の底から思える人と本当に出会えるとはなぁ、頑張って良かったなぁとしみじみ感じています。

そして振り返ってみるとやっぱり婚活してみて良かったと思います。

自分が一番綺麗であろうと努力している時に異性に意識されるということは女性としていい事だと思います。

芸能人だって表舞台で経験を重ねてどんどん綺麗になっていきますもんね。

いろんな人に出会ってお話をして、失敗を繰り返して悲しい思いもして、自分の経験値が上がっていくのは何も知らない昔の私よりは一回り大きくなったと胸を張れます。

まぁ、昨日べちょべちょに濡れたバスタオルをソファに置く事件で喧嘩をしたところなんですが・・・。

さて、今日は仲直りできるかな。

こんなたわいもない生活を送れて、安心して喧嘩が出来る今がとても幸せです。

 

私がゼクシィ縁結びエージェントで婚活を始めた理由!

そもそも私がなぜ婚活を始めたかというと、昔からなんとなくですが家庭を持ちたいという夢があったからなんです。

一人っ子で親戚もものすごく少ない核家族だったので、家族でわいわいがやがやすることに憧れがありました。

きっと寂しかったのもあるんでしょうね。

自分は女性だから男性と違って子どもが産めるし、もし結婚したら2人くらい子を産みたいなぁという漠然とした夢です。

しかも親が亡くなってしまった後は一人ぼっちになってしまうという孤独にもだんだんと恐怖を感じていました。

20代の頃はそんなこと考えたことなかったんですけどね。

 

婚活する=結婚したいから

 

結婚したい理由は十人十色で様々だと思います。

家庭を持ちたい、家族という安心感・安定感が欲しい、仕事を辞めて専業主婦になりたい、旦那さんに家事を任せてバリバリ仕事をしたい、子どもが欲しい、親を安心させたい、世間体、etc・・・。

でも皆さんに共通することは結婚願望があるなら行動しないと始まらないということです。

自分の思い描いている結婚という形には、どうしたって相手がいてやっとスタートできるお話です。

その夢を実現させる最短距離の方法が結婚相談所に入会することだと私は思いました。

様々な結婚相談所がありますが最終的にはゼクシィ縁結びエージェントに入会して良かったと私は思っています。

 

ゼクシィ縁結びエージェントはアラサーが結婚するならほんとにおすすめ!

もしどこの結婚相談所に入会するか迷っているのでしたら、ゼクシィ縁結びエージェントは無料で相談を受け付けているので一度行ってみてはいかがでしょうか?

私も無料だしいいかなという軽い気持ちで行きました。
勧誘も全くなかったので安心ですよ。

このまま何もしなければ、人生は何も変わりません。

ですが、少しでも行動を起こせば、きっと皆さんの人生は自分の思い描いている素晴らしい将来に一歩前進するはずです。

わたしも最初の一歩を踏み出すのにとても迷いました。
でもその迷いながらの一歩を踏み出すことで素敵な人と出会えることができました。

誰だって全力で努力すれば、私と同じように絶対!未来のパートナーに出会えますよ😊

\ 婚活のプロに無料で相談できる!/

ゼクシィ縁結びエージェント無料相談会予約はこちら!





【最重要!】ゼクシィ縁結びエージェントの真実について!

ゼクシィ縁結びエージェント経験者の私がどのサイトよりも詳しくメリット・デメリット・きになるQ&Aについてまとめてみましたので、結婚したい方は見てみてくださいね!